メニューを表示

保育方針

園長からのあいさつ

 本園は、昭和47年3月学校法人高橋学園 もえぎ野幼稚園として認可発足いたしました。以来、幼児の心身共に健全な発達を願い保育環境の整備をはじめ、園舎の耐震や防犯設備等の施設設備の安全及び拡充を図ってまいりました。

 季節ごとに、学園の農園でのいちご摘みやじゃがいも掘り、柿もぎ、さつま芋掘り等の収穫を楽しみ、園庭でのぶどう狩りなど自然に親しむ保育を展開しております。

 また、園児自らの手で種をまき、育てていくトウモロコシ、アサガオ、おしろい花、さやえんどう栽培は、自然の不思議さや偉大さ、美しさを五感で感じ取り、常に驚きと感動を与えてくれます。

 このような恵まれた自然の環境と友達や保育者とのふれあいの中で、幼児の主体的な活動を促し、遊びを中心とした総合的な保育を重視しております。今後も、子どもたちの個性を尊重し、心身の発達を促し、豊かな人間性の育成に努めていきます。

園長 高橋 剛

建学の精神

幼児期にふさわしい
自然体験や様々な活動を通して、
人として生きる
豊かな心と健やかな体を育てる

教育理念および保育方針

教育理念

幼児期は、心に人として豊かな人情の根を張る大切な時期であると受け止め、「健康で明るく、のびのびと豊かな心と生きる力を育む」ことを教育理念としております。

四季折々の自然や友だち、保育者とのふれあいの中で遊びを中心とした総合的な保育の展開を目指します。

また同時に、子ども一人ひとりの心情を汲み取り、援助していくことを重視します。そのために適正な園の規模を保ちながら、「時代とともに変えていくべきところ」「変わらずに継続していくべきところ」を判断しながら、子どもたちにとって、より安全で楽しい園生活を送ることができるよう、職員一同、力を合わせて保育していきます。